香炉

説明



人間国宝 三代徳田八十吉作 燿彩 香炉

▼商品説明
彩釉・耀彩の技法で九谷焼の歴史に新たな風を吹き込んだ、三代徳田八十吉。
鮮やかに溶け合う釉薬が調和し、神秘的で崇高な逸品となっております。

★商品は三代徳田八十吉の作品である事を保証致します。

▼作家情報
【三代徳田八十吉】
昭和8年(1953年)、小松生まれ。祖父の徳田八十吉に師事し、九谷焼上絵釉を研究。父の二代徳田八十吉につき現代陶芸を学び、新しい九谷焼の表現を追求してきた。青手古九谷の研究から得た、釉薬により器全体を塗り埋める手法を展開させ、その美しさを現代に生かす工夫を重ね、段階的に色彩を変化させる独特の技法は高く評価されている。昭和33年、第1回一水会陶芸部展に初入選。昭和38年、第1回朝日陶芸展及び新日展に初入選。日展には第11回日展まで連続して入選。以後日本伝統工芸展に転じ、昭和46年、18回展で初入選、NHK会長賞。昭和52年、24回展で日本工芸会総裁賞、昭和61年、第33回展で保持者選賞を受賞。平成9年(1997年)、彩釉磁器で重要無形文化財保持者に認定される。

▼商品サイズ
高さ11.3cm/幅11.4cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱/共布/栞

▼発送サイズ
60サイズ