茶碗

説明



九代大樋長左衛門造 黒茶碗

▼商品説明
加賀の茶陶を代表する大樋焼。近代茶道会と密接な関係を築き茶碗作りの名手と称されたのが九代大樋長左衛門です。
幕釉が崇高な表情を見せる、堂々たる黒茶碗!
この不規則な流れに気品を持たせる、作家の技量には驚嘆させられます。

★商品は九代大樋長左衛門の作品である事を保証致します。

▼作家情報
【九代大樋長左衛門】:1901(明治34)年 - 1986(昭和61)年
本名:長二、号:陶土斎。石川県出身、石川県立工業学校窯業科卒。師、8代大樋長左衛門。日本工芸会正会員。石川県立工業学校を卒業後は家業に専念し1920年に農商務省工芸展で初入選、25年には家督を継ぎ9代大樋長左衛門を襲名、ひたすら伝統の陶技を研究し36年の個展「茶碗12ヶ月展」では高い評価を得、40年に近衛文麿より長左衛門印を拝領、42年には工芸技術保存者に認定、58年より日本伝統工芸展に出品、入選を重ねる。幕釉黒茶碗や飴釉茶碗をはじめ茶陶専門に制作し昭和以降の大樋焼確立に大きく貢献、歴代長左衛門の中でも特に名工と称された。

▼商品サイズ
高さ8.0cm/幅12.8cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱/共布

▼発送サイズ
60サイズ