茶碗

説明



河井寛次郎造 櫛目碗

▼商品説明
「暮しが仕事、仕事が暮し」の言葉を残した陶工・河井寬次郎。
柳宗悦の民芸理論に深く共感し、実用に即した陶芸作品を多く手がけています。
素朴であたたかな印象ながら、独創的な造りで重厚な風格を漂わせる逸品です。

★商品は河井寛次郎の作品である事を保証致します。

▼作家情報
【河井寛次郎】
明治23年8月24日生まれ。京都市立陶磁器試験場にまなび,京都五条坂に窯をきずく。柳宗悦(むねよし)の民芸運動に参加。変化にとむ器形や釉法を特徴とし,昭和12年パリ万博,32年ミラノ-トリエンナーレ展でグランプリを受賞。昭和41年11月18日死去。76歳。島根県出身。東京高工(現東京工業大)卒。
▼商品サイズ
高さ8.0cm/幅14.3cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱

▼発送サイズ
60サイズ