茶碗

説明



人間国宝 伊勢崎淳造 備前黒茶碗

▼商品説明
人気の高い、伊勢崎淳の逸品!黒備前!
特異な造形感覚で力強く立ち上げた造形は、荒々しくも、すっきりした印象。
独特の釉景色に引き込まれ、どの角度から見ても魅力的な出来です。
作品には陶印がなく釉薬の下に隠れたか入れ忘れと思われます。

★商品は伊勢崎淳の作品である事を保証致します。

▼作家情報
【伊勢崎淳】
細工物の名工であった伊勢崎陽山の次男として生まれ幼少期より兄、満と共に陶技を父に学び、大学卒業後から本格的な作陶を開始。1961年日本伝統工芸展初入選となり以降入選を重ね66年に日本工芸会正会員に就任。67年には窯を新築して独立、77年には渡米して彫刻的な作陶にも視野を広げ代表的なものに首相官邸をはじめ備前市役所、倉敷ノートルダム記念館などの玄関の備前焼レリーフの壁画装飾を担当するなど近代オブジェ陶にも意欲的な姿勢を示し以前より火襷の窯変技術などに高い評価を受けていたが近年では作品にも備前焼独特の窯変と黒釉を交えた彫塑的な器物など既存の備前焼からは一線を画した作品を展開、2004年に備前焼として5人目の国指定重要無形文化財(人間国宝)に指定されている。

▼商品サイズ
高さ7.8cm/幅12.8cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱/共布/栞

▼発送サイズ
60サイズ