茶碗

説明



十一代三輪休雪(壽雪)作 鬼萩茶碗 割高台

▼商品説明
十一代三輪休雪(壽雪)の最高峰作品!鬼萩茶碗です。
力強い見事な釉薬が作品を見事に仕上げており、堂々とした存在感がある圧巻の一碗です。

★商品は十一代三輪休雪(壽雪)の作品である事を保証致します。

▼作家情報
【十一代三輪休雪(壽雪)】
重要無形文化財保持者(人間国宝)、山口県無形文化財保持者萩焼伝統の三輪窯9代 休雪(雪堂)の三男として生まれ中学卒業後より父や兄(10代 休雪:休和)の薫陶を受け、また川喜多半泥子にも師事。長い修行を経て1955年に陶号「休」を用いて作品を発表、57年に第4回日本伝統工芸展にて初入選となり以降連続入選、60年に日本工芸会会員に推挙。67年には兄・10代休雪の勇退に伴い11代三輪休雪を襲名、72年に山口県無形文化財保持者、83年に国指定重要無形文化財保持者にそれぞれ萩焼技術により認定されている。

▼商品サイズ
高さ9.6cm/幅13.7cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱/二重箱/御物袋

▼発送サイズ
100サイズ