茶碗

説明



人間国宝 金重陶陽造 備前茶碗

▼商品説明
備前焼で初の人間国宝に認定された、備前焼中興の祖・金重陶陽。
「土に素直に」を信条とした金重氏ならではの、深遠で熱量を感じさせる逸品。
口縁にかかった釉薬から、高台にかけて現れた火襷。多彩な景色が見事な出来です。

★商品は金重陶陽の作品である事を保証致します。

▼作家情報
【金重陶陽】
備前六窯金重家の脇窯であった窯元金重媒陽の子として生まれ幼少期より父から薫陶を受け陶技を熟練、特に細工物や彫塑的な置物を得意とし、さらに窯の構造などの研究にも精進して1921年にドイツ式マップ窯を築窯、これにより窯変物の焼成に成功、さらに陶土の研究も進めて30年には桃山備前の土味の再現に成功、39年には緋襷の窯変焼成にも成功して古備前の再現に尽力を示し近代備前焼の祖としての活躍を示す。またこの間、36年には初個展を開催、さらに42年には荒川豊蔵、三輪休和、川喜田半泥子らと共に「からひね会」を結成、同年に技術保存資格者に認定、52年に無形文化財に選定、54年には伊豆山桃李で石黒宗麿、加藤土師萌、荒川豊蔵、加藤唐九郎らと「桃李会」を結成、56年に備前焼で重要無形文化財(人間国宝)に認定された。

▼商品サイズ
高さ7.2cm/幅13cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱/仕覆/栞

▼発送サイズ
60サイズ