茶入

説明



人間国宝 藤原雄造 備前茶入

▼商品説明
備前の味わいのある、非常に出来の良い作品です。蓋は象牙です。

▼作家情報
【藤原雄】:1932から2001年
陶芸家。岡山県生まれ。藤原啓の長男。昭和33年(1958)、現代日本陶芸展、日本伝統工芸展で初入選。以後入選、入賞多数。昭和36年(1961)、日本工芸会正会員。昭和38年(1963)、バルセロナ国際陶芸展でグランプリ受賞、このころより国際的に活躍を するようになる。昭和39年(1964)、10ヶ月にわたり東洋・西洋諸国をはじめ北中南米諸国を訪ね、 その土地の現代陶芸や文化財を視察。各地の大学で備前焼の講義をもち、精力的に備前焼の海外交流の土台づくりに奔走する。昭和41年(1966)、備前市穂波に築窯。昭和55年(1980)、岡山県重要無形文化財認定。昭和60年(1985)、岡山県文化賞、紺綬褒章など受賞。平成8年(1996)、国の重要無形文化財「備前焼」保持者認定。陶芸文化の普及と後進の育成にも尽力。

★商品は藤原雄の作品である事を保証致します。

▼商品サイズ
高さ8.5cm(蓋なし7.6cm)/幅7.1cm/口径3.6cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱/仕覆(萬暦緞子)

▼発送サイズ
60サイズ